忍者ブログ
占い師としての成長日記
[52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日から四月。
入学式はまだ来週だけど、息子の通う学童には明日から新一年生が一足先に入ってくるのです。

夕飯のとき「四月から一年生が入ってくるね~。二年生だからいろいろ教えてあげてね。」と、息子に言いました。
そしたら、息子がちょっと勢いのない発言。
「うん、でも俺負けちゃうかもしれない。」
「どうして?」
「だって俺、小さいから。」


息子が自分から、自分のことを「小さい」と言ったのは初めてかもしれません。


それだけ周りと自分、という意識が出てきたのでしょうか。


確かに、彼の背は低いです。どこに所属しても、クラスでもずっと一番前。道を歩いている人に「今度入学なの?」と言われることも。彼には、三月生まれだからね~と言い聞かせてきたけど、同じ三月生まれでも背の高い子は高い。
ただ、周囲を気にするということは「劣等感」が芽生えてきたということでもあるんでしょうね。


できるだけ、私としては「不安」という色を消したいと思って、とにかくしゃべりました。
「お母さんだって、中学生までは一番前だったよ~。それに、今度三年生になる子だって、二年生よりも小さい子いるでしょう?」
「うん。いる。」
「いろんな子がいるからね。背の低い子はHだけじゃないよ。それに、背はこれから伸びるし、毎日ワダカルシウム飲んでいるからバッチリだよ。今、体の中にたくさん伸びる栄養がたまっているんだからちゃんと大きくなるよ!」


息子の背が今後どうなるのかなんて、正直言って私もわかりません。
でも、大事なことは「小さい=弱い」「小さい=ダメ」という価値観を膨らましてはならないこと。世の中の流れがそういう大きなものをよしとする傾向がある中で、私は自分の価値観も同時に見直さねばなりません。
身長って、子供の世界の中で一番残酷なほどわかりやすい基準になっているかもしれません。ましてや男の世界は。


でも、「Hのお心が誰よりも大きいかが大事!」といつも励まして終わります。この手が幾つまで通用するかわからないけど・・・(苦笑)。


私は息子が私の元にやってきてからずっと考えていたことがあります。
何でこの子が私の子供なんだろう。この子は私を鍛えるために、自分が背負いたくもない「男のチビ」の看板を背負って来てくれたのかなって思うんです。しかも一番子育てに気合が入る最初の子が三月生まれで・・・。
比べて落ち込んだりすることが最も多いかもしれない。


ママが一番!と思ってくれている間は、「絶対大きくなるから大丈夫!」と魔法の呪文のように、言ってあげようと思います。もし、それでも小さいままでも、劣等感に負けないように、彼の他の魅力を引き出せるように、見守るしかないですよね。


息子の男の子という心の中に、男としての意識が芽生えてきたのですから、それは拍手だと思いますよ。いつか反抗されるとしても、それはそれで大切な道なんだから・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
志我雨音(しがあまね)
性別:
女性
職業:
占い師・レイキヒーラー・主婦
趣味:
ゆっくりとひとりカフェ♪
自己紹介:
日記をただつれづれなるままに書くだけでなく、自分にも、皆さんにも何かを感じていただけるような文章を作り上げたいと思います。
最新コメント
[01/09 雨音]
[01/08 papa]
[10/28 雨音]
[09/16 sepi]
[02/07 雨音]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.