忍者ブログ
占い師としての成長日記
[240] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の思いというものがあって、それを貫きたいとき、思いの遂行を邪魔する者は自分にとって敵になりますよね。敵だから、それこそ叩きつぶさなくちゃならないわけです。煩わしいから。
でも今更ながら思ったんですが、敵から見たら、私こそが相手にとっての真の敵になっている事だってあるわけです。


それを教えてくれたのは夫ですね。


私、実は三年位前から裏ブログを持っています(爆)。
その裏ブログには、このブログに記載できない黒い記事を(核爆)、何が私の人生に起きたのかを詳細に記しておきたくて作りました。この裏ブログは公開するつもりもありませんし、私の中で忘れないためのメモ書きとしてとっておいてありますが、実は裏ブログには今までの生々しいやり取りが記載されているので、自分で書いておきながら見るのがとても辛くて、ほとんど手付かずなんです。ほったらかし(笑)。ブログのタイトルを読むだけでキューッと胃酸が上がってくるくらい、辛さの象徴なんですよ。


今日はその裏ブログを何ヶ月かぶりに更新しました。
この裏ブログは夫とのやりとりがすべて記載してあります。そのためのブログです。
正直、裏ブログを更新なんてしたくないのですが、書かずにはいられない気持ちでした。


夫とのやり取りで気持ちがどう動いたのか、どうショックを受けたのかを書きましたが、書きあがってUPして、もう一度その文章と向き合いながら思いました。


占いを何が何でもやろうと思っている私。
占いもいいけど家のこともしっかりやってくれよと思っている彼。
私は彼を協力してくれない、足を引っ張る敵だと思っていたけれど、彼からすれば私も立派な彼の人生の敵なのかもしれないです。なにせ、自分のために必死に動いてくれる妻じゃないのですから・・・。私は今日もいろいろ叫んでしまったんだけど、やっぱり私がいつも叫んでいることも、彼からしたら私のわがままにしか映らないこともあったんだろうか・・・って。
自分のしている叫びのすべてが正義じゃないということに、今日初めて、ようやく実感として気がついたんですね。


私はこれまで夫との関係のために輝夜師匠から二人の関係を占ってもらったり、自分でカードを展開したり、あといろんな方からアドバイスをいただいてきました。でも面白いことに私のことをあらわすカードは「女帝・逆位置」。
わがままな女性。不満の多い女性。ヒステリー。肥満。自分本位。そんな辛らつな意味があります(^-^;。
でもずっと「アタシは女帝の逆位置なんかじゃない!」と思って認められずにいました。それはきっと私のことを見てきた方々にはよくわかるんじゃないかと思います。私だけが、自分の今の姿を受け入れられずに狂っていたんですよね・・・。悪いのは夫だと思ってきたからです。自分がここで「私も悪いところがある」って言ってしまったら、夫に屈したことになる。あの夫に私は負けたくない。みんなにこの理不尽さを知って欲しくて、それこそ同情してもらいたいし、同情してもらえる内容だと信じきってここで声高に叫んできました。


今日はブログに自分の気持ちを書き出して、それを読み終わって、初めてですが、自分ってなんて自分中心なんだろうって思ったんです。相手の気持ちをわかっていながらそれをしてあげないんですから。相手に悪いなという謝罪の気持ちとはまた違うんですが、自分にも言い分があるように、相手にも言い分はあるんだろうな・・・と思ったんですね。もしかしたら、私が悪いこともあるのかもしれない。私は自分を善としている。相手は自分を善としている。そして相手を悪にしたくて必死になっている自分がいます。お互い様です。


「何でそんな些細なことに気づけないの!?」と思われる方がいても不思議ではありません。
しかも占い師という、人の気持ちを探るお仕事なのに、自分の夫婦という組み合わせで気づけないのですから。


私は夫を憎いと思っていたから、相手にも渦巻く感情や、私に対してこうして欲しいという希望があることをわざと無視していたんです。そんな希望を叶えてやりたくないと私はずっと思っていました。夫がなって欲しい妻になんてなってやるものか、絶対に!そんなふうにね・・・。
憎い気持ちは消えませんが、しかし、毎日を過ごしていく限り、憎しみで楽になるものなんてありません。


昨日、タイムリーにこんなメールが来ていました。
『逃げないで受け入れたほうが楽になるー私の人生を決めた言葉』
(佐藤愛子・作家)


自分こそが正しい!と無理に進もうとしていると、思わぬところで自分で自分の価値を下げていることを、今ようやく、輝夜師匠に教えられてきたことも含め、なんとなく、一本の糸でつながったような気がするんです。


もしかしたら、一回くらい相手の言うことを聞いてみてもいいのかもしれません。100%拒絶するんじゃなくて、自分が「反対されるんだったら、じゃあなんとか認めてもらえるように頑張ろう!」と相手のリクエストに応じつつ、でも相手の意見に曲げないところと曲げるところはしっかりラインを引くように。そうなるとうちの夫の場合は、相手が調子付いてしまうのが目に見えるからちょっといやなんですけど(苦笑)。敵だと思っているからうまく回るわけないですね・・・。夫婦って敵じゃないはずです。敵対するために結婚したんじゃない。相手を支えあう関係を作るために結婚したはずです。ボタンをひとつ掛け違えば、私たちのように決定的に憎みあうことになりますから、でもこの関係は夫婦ではなく敵対関係なんだと、過ちに気づいたほうから、一歩下がっていくしか道はないのかもしれません・・・。


逃げないで、私も受け入れるしかないですね。私の道はここにあるんだから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時折
こちらにお邪魔させていただいております。
余計なお世話ですが、雨音さんと同じような人を知っています。
女性(妻)は、旦那を育てるという役割もあると思います。
お子様も、家を建てられたのも、旦那様の協力なしには絶対無理なことです。
四柱推命をやっているようですから、印多身弱の悪い傾向がご自身にあるのは、わかりますよね?
そういう観点からも、占いのお勉強になると思うのですけどね・・・・
そういう視点を持つというのも、必要かと思いました。
初めてのコメントで失礼な事を書いてますが、とても気になったので。

pami 2009/02/07(Sat)02:53:27 編集
pamiさんへ
はじめまして、pamiさん。時折こちらに来ていただいているとか、ありがとうございます。

ご指摘の通り、私自身は自分の命式から自分がいかに結婚生活で課題を抱えることになるのか、そして夫が結婚生活の中で妻を剋すものを持っているのかを四柱推命を通して知ることが出来ます。
そしてその通りのことが私たちの間で起きています。

一番厄介だなと思うのは、自分の感情がまっさきに自分を満たそう、守ろうと動くことですね。
その塊になってしまう・・・。
感情を押し殺すことも難しいのですが、感情のままに生きることも夫婦の間では争いを招くだけ。

もうひとつ、私が四柱推命から知ることが出来た、自分が人生をかけて向き合わなければならない問題は「自立すること」でもあります。
これはどんな状況であっても、感情に振り回されない、決めたことを貫く覚悟を持つこと。真の自立を果たすために、この夫が役割を持ってやってきたんだろうなと思います。

そう思うんですが、毎日の冷たい関係には、天の采配があったのだとわかっていても、悲しみを感じることもしばしばなのですが・・・。

この関係を通して学ぶことを占いに、そしてこれからの私に生かせるようにすることが、この夫婦関係を無駄にしない唯一の道だと思っています。

コメントありがとうございました。
こちらこそ、長くなってしまってごめんなさいね。

雨音 2009/02/07(Sat)10:32:28 編集
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
志我雨音(しがあまね)
性別:
女性
職業:
占い師・レイキヒーラー・主婦
趣味:
ゆっくりとひとりカフェ♪
自己紹介:
日記をただつれづれなるままに書くだけでなく、自分にも、皆さんにも何かを感じていただけるような文章を作り上げたいと思います。
最新コメント
[01/09 雨音]
[01/08 papa]
[10/28 雨音]
[09/16 sepi]
[02/07 雨音]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.