忍者ブログ
占い師としての成長日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんなに更新をしなかったのはものすごく久しぶりかもしれません。
もう6月終わってしまうじゃないですか!カレンダーにはもうあと2日しか残されていない6月・・・。


更新できなかったのはとにかく忙しかったからです。
PTAが忙しい上に、自分の用事やヘルパーの講座もありましたから、なんだか毎日目の回る忙しさでした。子供たちが熱を出さないでいてくれるのが救いです・・・。


PTAはここのところ会議続きだったのですが、しかも議題がすごく多くて、まとめる書記は大変です。パソコンを打つことは平気なのですが、自分の考えを書くわけではないので、議事をまとめる作業は思いのほか時間がかかりますね。しかも、途中で表なんて入ってくるとお手上げになってしまう、エクセルアレルギーの私(核爆)。もう一人の書記のお母さんのお力を借りながら、二人でなんとか初の仕事を勤め上げているという感じです。


あまりにもここで「PTAは大変」って書いてしまうと、PTAを経験したことのない他のお母様たちには「そんなに大変なの?じゃあやめよう。なりたくない。」って思われてしまうのもまた、私の気持ちとは外れてしまうので、「大変だけど、すごく得るものはある。」という言葉で残したいと思っています。


時間的なものはやはりすごく奪われてしまうので、それはとてもきつかったりするのですが、今は忙しさに追われ、前向きになっているのか良く見えない部分も多々ありますが、こうして無償の時間奉仕を行うことが無意味だとは思ってもいません。それは幼稚園時代で学んでこれたからそう思えるようになったのかもしれませんね。幼稚園で「奉仕する」ことを教えられ、そんな時間を積み重ねたことによって、母親同士、親子間、そんなあらゆる人間関係がより強固になったことを感じるので、一見「大変だ」と思えることの中にこそ、成長の種が隠されているということを一度知っているから、飛び込めたのかもしれません。


PTAの輪の中に入ると、まずいろんな知り合いが増えます。顔見知りでも・・・。
今まですれ違っていたとしても挨拶もしなかった他人が、次からは挨拶を交わせる相手に変わって行く。
それから、先生たちの顔と名前を覚えられます。自分の学年担当の先生と校長先生くらいしかわからなかったのに、他の学年の先生の顔と名前が一致します。あと、校長先生との話し合いの日というのもあり、この日は校長先生の方針を聞き、それをメモするのですが、校長先生とじかに話を聞けるなんてなかなかありませんし、校長先生の方針=学校の方針、今後どこに行こうと思っているのか、という重要な部分をしっかりとキャッチできるので安心します。校長先生のお人柄もわかりますしね。
校長室になんて、悪さをしなければ入れませんから(^-^;、そこにインタビューのために入れるというのはラッキーかもしれません。


今は仕事の全貌がよくわかっていなくて、会長さんに聞いてばかりですが、会長さんのお人柄にもすごく母親としてまた人間として学ばせてもらうことが多いです。打ち合わせと準備が長丁場になったある日、会長さんがほんのわずかな時間に、ササッとコーヒーを入れてご馳走してくださったんですが、そのコーヒーと気遣いの味は、忘れられないものでした。


私は今までPTAのことなんてまったく無関心で人にまかせっきりでしたが、こんなに大勢の方が、無償でこんなに多くの時間を費やして作り上げていることを知ったので、知ると知らないとでは全然違うんだな・・・と自らの今までの態度もあまりにも他人任せの丸投げだったことも知りました。


で、明日もPTAです(爆)。今度は中学校で交流会の打ち合わせ・・・。
本部の役員全員はもう家族同然かも?!


あともう一つ・・・。世界は全然変わるのですが。
そんな忙しい中、22日はとても楽しみにしていた「レイキシェアリングディ」という交流会に参加してきました。
交流会の発案者は、私にレイキをアチューンメントしてくださった、ヒーリングサロン「マナ・ブリス」のモモさん。
二年ぶりにお会いするモモさんでしたが、以前よりもより輝きが増し、顔の表情や肌までツヤツヤと光っていらっしゃったように感じます。今回集まったメンバーは全員がサード修了者だったりマスター修了者だったりするため、レベル的に同じ人たちが集まり、ほとばしる熱いエネルギーを感じることが出来ました!


中には4年ぶりにお会いした方も・・・!4年前、同じ時期にレイキマスターになった901さん!4年前のマナ・ブリスさんのレイキ交流会で初めて901さんとお会いし、そのときは二人でペアを組んでいろんな(意味深な?!)メッセージを受け取りあったお相手。それ以来の再会だったのです。
話をしていくうちにいろんなシンクロがあり、この日、ここに集まれた事自体が何だか運命的な巡り合わせのように感じます。


モモさんは「センタリングとグラウンディング」「ハートチャクラを癒す」「再アチューンメント」「チャクラクリーニング」というメニューで進行してくださったのですが、とにかく瞑想の呼吸時に、吸って吐く、という呼吸だけでなく、ハートチャクラに手を当ててため息をつくという瞑想方法はとても新鮮でした!「はあ・・・・」って息を声を出して吐き出すと、私は結構すっきりしましたし、吸う、吐くがよりハッキリ出来たように感じます。自分で言うのもなんですが、自分のため息はすごく上手だと思っちゃいました。日ごろため息をつきたいことがいっぱいだからでしょうか(^-^;。リアルなため息だなあ・・・と思いながらため息を「はあぁぁぁぁ・・・・」とつくと、自分の中に蓄積していた不安や悩みが口から出て行くような気がしました。瞑想は正直苦手なところがある私でしたが、今回はあっという間に瞑想タイムが終わってしまってびっくり!ため息が上手だなんて、正直どれくらい人生に不安を感じているのよっ!と突っ込まれてもおかしくありませんが、ため息をつくと幸せが逃げるなんて言葉もありましたが、ため息のあとの穏やかな気持ちは不思議なものでした・・・。充足感、というべきか・・・。


それから久しぶりに「チャクラクリーニング」ということでレイキを人に施してもらいましたが、とにかくあまりの気持ちのよさにうっとり・・・。
体の疲れが抜き取られていくようなやわらかいものを感じました。人にやっていただくと、こんなにレイキって気持ちのよいものなんですね!改めてレイキという力に感動をしてます。家に帰ってからも、このチャクラクリーニングを自分にしてあげて、この忙しさに体力が負けないように、レイキで充電ですよ。


最後に皆さんでお茶会タイム♪その中で、モモさんのご好意により、私は参加者の皆さんの手相を拝見する時間までいただけました!普段電話鑑定が中心の私は手相を実践する機会になかなか恵まれなかったので、今回はそういう意味で私も素敵なチャンスをレイキとともにいただけたように思います。


再会もあり、新しい発見もあり、と同時に、レイキという力は穏やかに私の中にちゃんと息づいているという安心感もあり、そして偶然という必然に感謝・・・。
ワークショップでの学びを私たちにシェアしてくださったモモさん、本当にありがとうございました!
PR
久しぶりにレイキ関連のお話を・・・。


それくらい、自分はレイキを意識していないというか、使っていないことの証かもしれませんが・・・。


昨日の占いの定例会議の際、胃の具合が悪い輝夜師匠にレイキヒーリングをさせていただく機会がありました。本当はもっときちんと時間をとって行ってあげればよかったのですが、「さあ帰りますよ」という時に、輝夜師匠の胃の状態があまりよろしくなかった様子なので、玄関先で手を当ててみたんですね。なので、これでは落ち着いて受けられないので、もう一度体勢を整えなおして、部屋で座ってヒーリングを開始しました。


レイキは一度習得してしまえば、効果はなくなることはありませんが、使わなければ錆付いてしまうように、エネルギーが沸いて流れ出すのに時間がかかるように感じます。私は普段レイキを自分に施すことはよくあります。自分の頭などはよく行っています(特に頭が重いときなどは効果あります)。しかし、一番肝心の「他人様」に対しては、最近ほとんどやっていないのが現状で、これでは自分以外の人にレイキを知ってもらったり、ともにレイキを味わう経験がまるで積み重なっていきません。


だから、レイキヒーラーとして、このレイキのすばらしさや、見えないけれど確かに感じるものを伝達することもなく、自分だけの宝になってしまっているんですよね。本来、レイキは自分だけのものにするための道具ではなく、世の中の人たちが愛で繋がるための、自身を愛し、また他人をも愛せることができるように促すヒーリングであるはずです。もっと恐れずに手を出してみて、レイキに触れる機会を積極的に作らないと、世の中にもっとレイキというヒーリングがあることを知ってもらうことは大事なことです。目に見えないものだから、なおさらやってあげないとわかってもらえませんよね。


久しぶりに人の背中に手を当てながら、こういう体験が少なすぎることに気づかされました。レイキのすごいと思うところは、ヒーリングされる側だけでなく、ヒーリングを行う人、ヒーラーにも同じようにレイキが流れ、自分と相手の両方がレイキによって浄化されることです。私はレイキが流れ出すとすぐ眠くなるタイプなのです(^-^;。今回も右目が眠くて、最後はウインク状態・・・。帰りの電車の中ですごく深く眠ってしまいました。寝過ごさなくてよかったです。


レイキをせっかく習得して、もう丸三年ですよ!その間、まともにヒーラーとして活動したのなんて、定例会議の遠隔レイキくらいかもしれません。まさに宝の持ち腐れです。もちろん自分自身のために使うことは◎ですが、たまにはちゃんと外に向けることも、私の勉強になりますね。感じることがいっぱいありました。

もともと私はのんびり屋でダラダラ性質、20代は今流行の「干物女」そのものでした。まあ、職場でしっかりきっちりしていたかは別ですが・・・(苦笑)。家でジャージを履き、外に行くときはもちろんノーメイク、家の中に洗濯物を干し、洗濯物が乾いたところからその日の下着を使いまわす・・・飲んだら飲みっぱなし。食べたら食べっぱなし・・・。

冗談抜きで私生活のだらしない部分はお見せできないくらいでした。


母はとてもきれい好きで、洗濯物ひとつ干すにも「美しい」というか、きちんと干します。洗い物も素早いし、おしゃれも大好きで、着飾ることが大好きで・・・まさに私とは正反対。そんなわけで独身のころからも、主婦になってからもよく家事のことは母に正されました。
でも開けたドアを閉めない、靴もぬいだらぬぎっぱなしで、母としては「誰に似たのやら?」(これは父に対する嫌味ですが・笑)でしたが、こんな自分でも最近驚くような変化があります。


母ほどきれい好きにはなっていませんが、毎日鑑定の仕事に入る前、かならずトイレを掃除し、きれいに磨いてから仕事を始めることをずっと続けています。


これは、以前の私からは考えられない掃除の頻度でしょう。以前は来客前に便器だけチャチャッと洗っておしまいだった自分ですが、便器からよどんだ空気が広がっていたに違いないと思うと、今はどんなに忙しくても大事に便器を抱えるように掃除ができるようになったんですね。


実際、きれいに掃除されたトイレに入るのは気持ちも落ち着くものです。


レイキを学び、占い師として人に何かを伝えるメッセンジャーと言う作業を全うするために、こういった身近なところから修行が必要なのだと思います。
滝に打たれたり、食事を制限することではなくて、いつでも身近にある修行の場が、家庭なんですね。家事であると言うことです。
その家事をきちんとするようになったのが、私が振り返って「大きく変わった」と思える部分ですね。


だから手元にあるものを大事にすることで、人間は自分の品位を高めていけるんじゃないかと思うんです。
トイレは排泄の場であり、浄化の場所でもありますから、この場所を磨いておくことが、より家族や自分の健康を守り抜くことにもつながりますし、毎日掃除を行えば、手出ししたくないくらいに汚くなることはまずありえません。


だいたい、繁盛している店のトイレは、大体とてもさわやかで隅々まで掃除が行き届いているものです。その法則は家庭にも当てはまるに違いありません。

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
志我雨音(しがあまね)
性別:
女性
職業:
占い師・レイキヒーラー・主婦
趣味:
ゆっくりとひとりカフェ♪
自己紹介:
日記をただつれづれなるままに書くだけでなく、自分にも、皆さんにも何かを感じていただけるような文章を作り上げたいと思います。
最新コメント
[01/09 雨音]
[01/08 papa]
[10/28 雨音]
[09/16 sepi]
[02/07 雨音]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.