忍者ブログ
占い師としての成長日記
[241] [240] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんなことがありました。


私の所属する電話占いの会社の営業時間は朝の10:00から深夜2:00までです。その中で私はほぼ毎日22:00から深夜2:00までの四時間を待機しています。深夜二時が近づいてくると「ああ、これで終わる。あと少し!」と、やっぱりお仕事が終わる時刻はほっとします。眠気も程よく襲ってきたりするのですが「これで布団に入れる~!」と奮い立たせ、ある意味、二時に焦点を合わせてお仕事していますね。その日に行った鑑定を結果報告をし、片づけをして任務終了。すぐに眠れるわけではないのですが(逆に布団に入るといろいろ考えたりして眠くならなかったりします)二時から朝六時までは私の大事なお休みタイムです。


ところが、先日のことです。
その日はお仕事が暇で、このまま今夜は終わってしまうのかな~??なんて思って片付け始めようとした深夜1:50に電話が鳴りました。
え?!今から?もうすぐ終わりだよ~~この呼び出し音は錯覚?いや幻聴であってほしい(爆)!と思うのですが、電話に出ないわけは参りません。


「○○先生、終了時間間際で申し訳ありませんが、鑑定をお願いします。」
受付の人も申し訳なさそうな声でつないでくれるので、ここで私が「もう終わりなのに・・・」という気持ちで受けてしまってはいけない!と普段よりも明るく「は、ハイ、かしこまりました。ありがとうございます!」とお礼を言いました。


受付の方から電話をいただいてから10分後にお客様へお電話をしますが、それがもう二時回りますから、「ああ、今日は時間外のお仕事なんだな~」という気持ちになってしまったりします。そんなふうに、ちょっと時間外になりそうなときの受け答えには、案外私の地が出てしまうんですよね。これ、気をつけないといけません。


銀行時代のことを思い出します。
銀行は三時までの営業ですが、2時50分ころに飛び込んでくる難しいお客様や、手続きが難しいものを走りながら持ち込んでくるお客様もいらっしゃいました、そんな日に限って昼間暇だったりしてて(苦笑)、いろんなものを片付け始めているときに新しく仕事が持ち込まれると「え==!?!」って、若いから理不尽丸出しの顔で受けていたかもしれません。あるいは他の同僚と「午前中に来てよっ!」と言いながら片付けたり・・・。


ああ、もうすぐ終わる~と安心モードにはいっていても、あくまでこれは私の心の中の営業時間。
お客様にとっては、まだ十分営業時間内です。
そんなところでつい、「終わると思ったのに~」という顔色を出してしまっては社会人・プロも台無し。「あとラスト10分」の滑り込みへの対応に、自分の成熟度が見えてしまいます。
それぞれの方にいろんな事情がありますから、間際でないと頼めない事情もあったのかもしれません。こういうときこそ、自分のことしか考えていないと、「面倒だな」と思ってしまうんですね。


二時過ぎにお電話をさせていただいたお客様でしたが、いろいろお話が出来て、ご納得いただけたみたいだったので、一瞬「あ~もう終わる時間なのに」と考えてしまったけれど、結果として「伝わった!」と感じられたので、お仕事は納得して終わることが出来てよかったです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
志我雨音(しがあまね)
性別:
女性
職業:
占い師・レイキヒーラー・主婦
趣味:
ゆっくりとひとりカフェ♪
自己紹介:
日記をただつれづれなるままに書くだけでなく、自分にも、皆さんにも何かを感じていただけるような文章を作り上げたいと思います。
最新コメント
[01/09 雨音]
[01/08 papa]
[10/28 雨音]
[09/16 sepi]
[02/07 雨音]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.