忍者ブログ
占い師としての成長日記
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の細木数子さんの「幸せの宝法」という番組で今年一番話題の芸人小島よしおが出ていて、そのとき、彼が私と同じ火星人であることを知りました。なるほど・・・海パン一丁で「そんなの関係ねぇー」と踊るあの姿に、「すごい芸人がいるなあ」と、面白さはあっても、嫌悪感を抱かずに見ていたのは、そんな変人・火星人の共通点があったから?と思いつつ、もう少し詳細を見たいなあと思って、もう一度自分で小島よしおの四柱推命の命式を出しました。


そしたら私と同じ「癸巳」の日生まれだったんです(爆)。もって生まれた強さは身旺+7。一般的に強さは0~2ですが、これを大きく上回っています。だから彼はピン芸人として、これだけの活躍を手にしたんですよね。もし反対に、身弱で強さに欠けるなら、ピン芸人としての活躍は正直望めず、コンビなどを組んでやったほうが成功するのですが、彼は圧倒的な強さ、自分なりの世界を持っているので、裸ひとつであれだけひきつけるものを作れちゃうんでしょうね。


彼の命式には七冲と六害という障害が入りますが、逆にこれが彼の「他にはないオリジナリティー」というものにつながり、アクの強さにもなっている気がします。傷を生かしているというべきなんでしょうか。母親をあらわす「印綬」が二つも入っていますから、彼はものすごく母親の影響を受けているんでしょうね。よくお母さんのネタが出てきますから・・・。
「傷官」が彼の元命になりますが、印綬は傷官の凶作用を外し、頭脳明晰なやり手に変貌させます。細かい点は説明し切れませんが、彼の「傷官」という星は凶ではなく、吉に転化できる環境にあるわけです。彼の才能は世に出て、そして認められるような星をちゃんと持っているんですよね。
気学で見ると彼の本命星である二黒土星は今年中宮と呼ばれる大きな転換期に入っています。中宮=真ん中の部屋に入ったわけですから、人々の中心になること、中心人物になるわけです。


そして昔の人になっていますけど、ほりえもんこと堀江貴文氏。ライブドア粉飾決済事件で逮捕された後はまったく表に出なくなりましたが、少なくとも間違いなく時の人でしたね。あの人も同じ「癸巳」の日生まれ。身旺+3です。彼は元命に「正官」という星を持って生まれてきています。
プライドが高く、名誉にこだわる、頭がよくてエリート意識が強い。そんな正官は、ライブドアという会社をあれだけの大きさに持っていった彼の性質を見ているかのようです。でも、正官は不正によって育つ星ではないのですね。堀江氏の命式は、障害がなく、大変きれいな命式ですが、やってきた「傷官」という流れには逆らえなかったんでしょうか。


そして、一般ピープルとして淡々と生きているこの私。
今年、「癸巳」の日に生まれた人は「天戦地冲」という人生の大きなリセット期を迎えます。天戦地冲とは、生まれた日の干支、私の場合は「癸巳」ですが、それに対してやって来ている運気が戦闘状態に入る一年です。癸とは天の気(空間)、巳とは地の気(時間)をあらわしているのですが、今年は「丁亥」という干支が巡ってきている一年でした。癸は陰の水、巳は陰の火を表します。対して、今年の干支である「丁亥」。丁は陰の火、亥は陰の水です。天の気を表す癸と丁は陰の水と陰の火。水が火の勢いを消してしまうことから、この水と火はとても相性が悪い関係なんですね。また地の気である巳は陰の火、やってくたイノシシ年の亥は陰の水です。こちらも相性は×。相容れない関係です。つまり天と地で戦争が起きる状態なのです。これが天戦地冲と呼ばれる状態です。自分を取り囲む空間と時間が激しく動くのですから、この一年が平凡に終わることはないのですね。
また天戦地冲は60年の間に2回来ますが、今年は偏財星が回ってくる天戦地冲で、癸巳の日生まれにとって、この年を境に、生きる環境がガラっと変わったり、あるいは環境が変わらなくても、価値観、意識が180度変わってしまうような一年です。
(ただ、天戦地冲に関しては「偏官」が巡ってくる一年のみを天戦地冲と呼び、60年に一度しかこないとする説と、「偏官」と「偏財」が巡ってくる二つを天戦地冲の年とし、60年に二度ある説と二つあります。偏官が巡ってきている一年を天戦地冲と呼ぶ説が本来のようですが、私としてはこの偏財の一年も、それなりの作用はあると感じました)

私は・・・本当に、いろいろ重なった一年でした。


少なくとも、一年前の私には、この土地で生活している自分の姿も想像していませんでした。もう、だめなんじゃないかと、わが人生に希望など見出せないことは何度もあったけど、でもかといって、打開策を持っているわけではなかったんですね。
でも、私は今年に入ってから、自分で言うのもなんですが、一皮向いてしまいましたね。自分で、自分の感情を。それから、現実を。


芸能人や有名人ではないけど、私なりにものすごい革命が起きたと思っています。天戦地冲の革命ならば、これは受け入れていかねばならないし、そしていつかこの経験は私の肥やしになるのでしょうか。


どうして占いってこんなに当たるんだろうとつくづく思いますね(爆)。
夫と私が家を買おうと契約したのは9月。夫と私の共通の星、四緑木星は今年兌宮に回座していて、兌宮は9月の部屋です。9月に収穫、喜びごとがあるという暗示は当たっています。


小島よしおは「売れた」という形で、世界がひっくり返るような天戦地冲の作用を受け止めていたかもしれません。
堀江貴文氏は、表立ってはもう出ていないのですが、もし彼が天戦地冲の影響を受けたのなら「お金で人の心は買える」と豪語した、その気持ちに天戦地冲の作用が及んでいるかも知れませんね。何も語らないけれど、彼が静かに運命と相対するなら、きっと彼なりに新しい価値観を見出しているに違いありません。


小島よしおは果たして一発屋で終わるのか?私としては、終わる人ではないと思っていますので、注目していきたいですね。番組中の細木さんは、「気持ち悪い」といって、小島よしおをかなりお嫌いのようでしたが、常識的な土星人には火星人は信じられない生き物なのでしょうか???(苦笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
志我雨音(しがあまね)
性別:
女性
職業:
占い師・レイキヒーラー・主婦
趣味:
ゆっくりとひとりカフェ♪
自己紹介:
日記をただつれづれなるままに書くだけでなく、自分にも、皆さんにも何かを感じていただけるような文章を作り上げたいと思います。
最新コメント
[01/09 雨音]
[01/08 papa]
[10/28 雨音]
[09/16 sepi]
[02/07 雨音]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.