忍者ブログ
占い師としての成長日記
[153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜遅く東京に到着し、疲れをずっしりひきずって今日もお仕事に入りました。筋肉痛にはならなかったものの、寝不足があるためかスッキリしない感が足を引っ張っています。まあ、今夜早めに休めば大丈夫だと思いますよ。


農家って黙々と無心に作業するんですよね。とにかく体を動かして目の前の収穫物を取り尽くすことに全力を注ぐというか・・・。無駄なことを考える暇もありません。目の前の仕事を体を使ってこなしていくだけ。そこに余計な人間関係もないし、煩わしい電話応対も一切ありません。疲れたころに「お茶だよ~」といって、眼下に広がる景色を見ながらお茶を飲んで、また作業に入って、そして暗くなったら作業を止める。タイムカードも存在しないお仕事ですが、天候に左右されたり、その年の気候によって作物の質が変わったりと、人間関係ではなく、天との関係?で動いているようなそんなお仕事です。今年は雨に降られることはありませんでしたが、雨が降っている中、柿を採ったこともあります。それこそずぶぬれになりながら。だから同じ柿採りという作業でも毎年同じことの繰り返しではなくて、豊作だったら「こんなにどうするのよ~~(汗)!」という悲鳴を上げたり、今年のように柿は豊作でも雹に当たった傷がひどすぎてかなりの破棄をしなければならないときは「なんだかもったいないよね」とついこぼしながら採る。でも「なんでこうなのよ!全然採れないじゃないの!」と結果に八つ当たりすることはない。それはきっと「天の恵み」に従うのが農家であると言うことなのかもしれません。


人間が相手だったりすると、ついできない相手に不満を持ったり、それが働く上でのストレスになったりするものですが、農家で天候不順に振り回されても、その天候の天がお相手のお仕事ですから、農家で働く人たちにはまず天に対しての敬意があって、自分たちはその恩恵で暮らしていけるのだから天候に文句を言っても始まらない。感謝し、作物を作ることが大事なんだと言う価値観で動いていることを感じます。


秋の収穫祭、神棚にお米を供えることもそうですが、天の神様の恵みあっての私たちということ、普段忘れがちなのですが、畑に出て収穫を体験するとそんな当たり前のことに気づいたりもできるのです。


私の田舎では大晦日の日「お歳取り」といって、年越しそばを食べずにお歳取りの料理をいただきます。その日の夜におせち料理みたいなものが出されて31日の夜は大ご馳走なんですね。元旦のおせち料理はないのです(これうちだけの習慣かな?)その年の新米をそこで初めて炊き、一番最初に神棚におそなえします。新米を一番最初に我が家の神棚に供える父をずっと見てきましたが、あの当時わからなかった「見えないものへの収穫の感謝・生きてることへの感謝」が収穫したものを通してだんだんと感じられるようになってきました。


昔は農家って泥臭くて、雨が降ろうが槍が降ろうが外に行かねばならないし、全身をヤッケにくるまれ、日よけの帽子に腕カバーに長靴・・・どう考えてもイケてない仕事だと思っていたのですが、地球のリズム、天のリズムとこれだけ直結し、肌で味わえる仕事は他にありません。それに、農家だけはきっと人類の文明が発達し始めたころから変わらずに残っている職業なんですよね。


休みもないし格好もよくないので若者には敬遠されがちですが、普段私のように頭でっかちで何事も「ああならなくちゃ。こうならなくちゃ。」と肩に力が入っているような人には、こうした時間が必要かもしれません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
志我雨音(しがあまね)
性別:
女性
職業:
占い師・レイキヒーラー・主婦
趣味:
ゆっくりとひとりカフェ♪
自己紹介:
日記をただつれづれなるままに書くだけでなく、自分にも、皆さんにも何かを感じていただけるような文章を作り上げたいと思います。
最新コメント
[01/09 雨音]
[01/08 papa]
[10/28 雨音]
[09/16 sepi]
[02/07 雨音]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.