忍者ブログ
占い師としての成長日記
[97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今となっては、原因となった問題云々ではなく、それにまつわる話し合いで生じた場面で、相手の人間性を見て失望してしまったんですね。それが長い間私の中で消せない炎みたいになって、いろんなものを燃やし続けているように感じています。


もし・・・なんていう言葉は今更どうしようも出来ないのかもしれませんが、夫婦って、所詮他人なのだから、とにかくいっぱいいっぱい、話し合ったり、手をつないだり、料理作ってあげたり、ありとあらゆる手段で近づくことをしていくべきなんだなって・・・。ケンカを恐れずに、自分を出すことを恐れずに。そして、相手を受け入れる気持ちもちゃんと片手に忘れずに。


子供が出来ても、親という役割は増えたけれど、夫婦という役割は変わらずにあるわけです。夫婦という役が親に変換するわけではないのです。
だから、親である前に、男と女である自分たちをもっと大事にすべきでした。


男と女・・・男から見れば、女はわけのわからない生き物だろうし、女にとっても男はよく理解できない生き物。でも、男同士、女同士のむすびつきよりもはるかに強い力で引き合う男と女同士なのだから、いろいろあってもいいんですよ。でもその間に、相手を思いやる愛があればいいんです。


そんなことに、今ようやく気がついたのですね。何が足りなくなって、こんな事態に陥ったのか。これは私たちだけではない、この世の人間関係すべてに通じる真実です。


結婚って、もっといいものだと思っていました。
それは夢見る夢子ちゃん的かもしれませんが、結婚したら好きな人とずっと一緒にいられるから。だから憧れていたんでしょうね。確かに今、好きな人とずっと一緒にいます・・・が、私の心の中は「亭主元気で留守がいい」(爆)。そんな気持ちになってしまうなんて、自分でびっくりしました。仮面夫婦とか、家庭内別居の言葉を独身時代に聞いたときは、本当に信じがたかったし、そんなことは絶対にいやだし、軽蔑していたのですが、今現実はどうでしょう。それに半分足を突っ込んでいますよ。仮面をかぶりたくなる気持ちも理解できます。
何度も何度も、夫のことを心の中で殴ってきた私は、本来ならば逆DVで訴えられているかもしれません。


今回は今まで触れる事をしなかった、自分の甘さや自分の責任について切り込んでみようと想います。


私が結婚に対して犯した一番の罪を考えたら、どうしても避けて通れない壁があります。
それは・・・早く銀行を辞めたかったことです。


銀行という仕事にアレルギーを感じ、一刻も早く辞めたいと思いながら、次に生きる道もなく、結婚することで円満に辞められると思って、選んだ気持ちがあったのです。


実は、夫とこういう風に険悪になるサインは、結婚前からちゃんと私はキャッチしていたんですね。結婚してから悪くなったんじゃないんです。結婚前から、付き合いの中で彼の性質を感じられる場面がありました。
でも・・・私はそれに気づきながら蓋をしてしまったのです。もし、この男性を逃したら自分は結婚できない・・・また銀行員生活に戻らねばならない・・・今更「ここが嫌だから別れる」なんて言えない・・・。
笑ってしまうのですが、人目を気にしていて、今更言い出せず、辞める勇気がありませんでした。これが第二の罪です。


そして、結婚し、様々な違いが明らかになっていく中で、彼のことを私は容赦なく責め立ててしまいました。これが第三の罪です。


最初が肝心、といいますが、私は最初の部分で、自分の人生を彼にゆだねてしまったり、他人に「どう思われているのか」ということにとらわれてしまい、自分の人生なのに、責任を負ってこなかったんですね。その代償が、夫との不仲であり、どうしようもできない憎悪なのです。あまりにも失ったものは大きく、気づくのが遅くなりました。


そして、今「や~めた!」と放り出すわけには行かない状況です。結婚前に「やっぱりこの人とはどうしても合わない」と素直に負けを認めるか、大喧嘩を覚悟でこの人から送られてきたサインを無視せずに受け取っていれば、この激しい感情も、違う形で、私を覆ってくれたのかもしれません。それに気づくには、当時の私はあまりにも経験も自信もなかったです。自信がないって、本当に怖いことですよ。


でも・・・好きだから結婚した、それは確かな真実でもあります。
だから、この辛いとしかいえない感情が芽生え、それと付き合っていくことができるのかもしれませんね。
いずれにせよ、心の中は修羅の道です(苦笑)。


「結婚したら多少のことはどんな夫婦にもあるのよ。あなたたちだけじゃないのよ。」


そう言われます。


でも私にとってその言葉は何の励ましにも慰めにもならないのですね。
みんながそうだからあきらめろというのか。これが普通なのだと思えば救われるのか。
元は他人。価値観が違うわけですから、何かしらあるのは当然です。
でも、その二人の間に、相手を思いやる愛があるのか、ないのか。
それが私は知りたいのです。私たちはそれができる心の広さをちゃんと持ち合わせている間柄なのかを。


夫婦は成長していくものだと想います。
最初はできないことも、10年後にはできているかもしれない。
長い時間を過ごす中で、相手を受け入れることもあるでしょう。
しかし、憎悪やうらみつらみは、それを容赦なく刈り取っていきます。
相手を受け入れる余裕すら、あっさりと斬り捨てていきます。


子供にとって、私はいい母親ではないと断言できます。
それは自分の感情を優先し、夫と嘘でも仲良く出来ないからです。これが、私の犯している一番最大の罪かもしれませんね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
志我雨音(しがあまね)
性別:
女性
職業:
占い師・レイキヒーラー・主婦
趣味:
ゆっくりとひとりカフェ♪
自己紹介:
日記をただつれづれなるままに書くだけでなく、自分にも、皆さんにも何かを感じていただけるような文章を作り上げたいと思います。
最新コメント
[01/09 雨音]
[01/08 papa]
[10/28 雨音]
[09/16 sepi]
[02/07 雨音]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.