忍者ブログ
占い師としての成長日記
[108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日公園のトイレで小学校一年の男の子が首を絞められて殺されていた事件が発生し、その後犯人はまだ捕まっていないという状態でしたが、今日、母親が逮捕されるという最悪の結果をニュースで知りました。


詳しい原因、なぜ殺害にいたったのかはこれから捜査の上で明らかになっていくことになりますが、私はこのニュースを聞いた時点で、世の中、いきなり公園でも殺害されるなんて、恐ろしくて外にも出せないなあ・・・と思っていたけれど、殺人者が母親だったことのほうが、そんなことよりも何倍も恐ろしくなったのです・・・。母親にそこまで追い詰めさせたものがあるということが、恐ろしくなりました・・・。


今日の報道で、弘輝くんに病気と障害があった、将来に悲観的で自分も死ぬつもりだった、という記載を見て、「だからなのか・・・」と思う部分もありながら、でもどうすれば、この母子に生きるための望みになったのかを考えてしまいます。


いわゆる、普通の小学生を持った私には理解できない苦しみが、この母親の中に常に渦巻いていたのでしょう。愛するわが子を手に掛けてしまわねばならないくらいの、葛藤が。
殺人は何が何でも決して許されないかもしれない。
でも・・・世間や、私の安易なジャッジは、ただ彼女を追い詰めるだけでしかありません。本当のことを、母親が、どんな想いで毎日を過ごし、そして殺す経緯に至ったのかを、あとは静かに聞くしかないのかもしれませんが・・・それにしても・・・。我が子の命を断たなければ解決できなかった問題とはいったいどれくらいの闇なのでしょうか。


でも、どんな理由があったにせよ、わが子の大事な命を、産んだ側が勝手に奪ってはならなかったはずなのに・・・そのときも、きっと公園で友達と遊んでいたはずなのに、周囲にママ友達だっていたかもしれないのに、
夫だっていたのに、なぜブレーキがなかったんだろう。良心という名のブレーキ、友達とのかかわりあい、夫との話し合い・・・。
きっとサインは出ていたと思うのです。


朝からこの事件の顛末を知り、本当にショックでした。
亡くなったお子さんはお母さんが大好きだったでしょう。その大好きなお母さんに大事な生きる権利を奪われてしまうなんて・・・理由があってのことであっても、胸が詰まされ、ただただ、言葉を失いました。



こんな事件を聞くと、世の若い母親は・・・と責められるだけになりますが、罪は責めても、でもなぜこのような経緯に至ったのかは、きちんと明らかにし、今後このような悲しすぎる事件が一切起きないことを切に祈ります。そして亡くなってしまった弘輝くんのご冥福をお祈りいたします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
志我雨音(しがあまね)
性別:
女性
職業:
占い師・レイキヒーラー・主婦
趣味:
ゆっくりとひとりカフェ♪
自己紹介:
日記をただつれづれなるままに書くだけでなく、自分にも、皆さんにも何かを感じていただけるような文章を作り上げたいと思います。
最新コメント
[01/09 雨音]
[01/08 papa]
[10/28 雨音]
[09/16 sepi]
[02/07 雨音]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.