忍者ブログ
占い師としての成長日記
[167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は携帯から更新しましたので、じっくりと書くことができませんでしたが、親子ハイキングで感じたことを書こうと思います。


ボーイスカウトは小学校二年の9月に今まで所属していたビーバー隊からカブ隊へ上進します。活動は月に二度しかないので、今までカブ隊に入っても周囲がよく見えていなかったのですが、今回カブ隊の親子ハイキングに参加して、一緒に活動すると隊長さんや副隊長さんの様子もわかるし、他のスカウトのご両親もわかります。仕組みがわかるといえばいいのかしら・・・ボーイスカウトは他の習い事と違って、こういった制度的な色が濃いからです。参加しないとカブ隊の仕組みがわからないのです。一緒に登山に参加したご家族は家族そろってアウトドア好きで、ご主人も一緒に登山をしていたり、よくボーイスカウトに慣れているという感じでした。お昼には簡易式のガスでインスタントラーメンとコーヒーを振舞ってくれましたが、その美味しかったこと!その気遣いが味に沁みていました。息子と一緒に活動する他のスカウトたちの事も含め、そういったことがよく見えてきた一日だったかもしれません。


娘を登山に連れていくという予定を変更して大正解でした。ケーブルカーを降りて御岳神社に向かう参道だけでかなりきつかったからです。まだほんの入り口だったのに、これだったら絶対娘は抱っこって言うに決まっています。しかし、本当の試練はここからです。目標は1500mの大岳山ですが、その手前の鍋割山に行くまでの道のりがあまりの険しく、登山初体験の息子(標高500Mの高尾山くらいしか登ったことがない)は途中から先頭集団についていけなくなりました。参加したスカウトは5名でしたが、4名は先にずんずん進んでしまい、しかも騒ぎながらですから余裕があります。しかし息子は黙ったまま、短い足を思い切り上げないと登れない山道の連続に足が上がってきません。私は息子のすぐ後ろを歩いていましたので、息子の様子がかなりダウンしているのはわかるのですね。何も言わないし、足をあげていると言うより足をずっている状態です。体力がない上に、コンパスが短いので段差のある山道は彼にとって想像以上にきついものだったでしょう。


そんなわけで急斜面を登る息子に「大丈夫?」と声をかけたら「もう歩けない」の半べそな答えが返ってきました。


ずっと先にはカブスカウトたちの元気な声も聞こえてきますが、我が息子はそんなレベルではありません。目の前の一歩すらきつかったのでしょう。


私自身も足は痛かったのですが、息子のことが気になってしまって、でも・・・もどかしいのですが、これは息子の登山なんですよね。荷物を持ってあげることも、おぶって登ることもできません。私にできるのは「頑張れ」と声をかけて自分の足でゴールするのを見届けること。本当にもどかしいのですが、それしかないんですよ。いくら親であってもこの息子の苦しみを代行してはならないし、それは息子の登山ではなくなってしまう。そして私も息子に手を貸してはならないのです。それが自分の足の痛みよりももっとも苦しかったかもしれません。


結局天候が悪かったこともあり、大岳山に登る計画を変更して下山をしてきました。大岳山はもっと高いので、あのままだったら息子にはかなり厳しかったかもしれません。きっと隊長がフラフラだった息子の状態を見て判断してくれたのかもしれません。


帰りに他のお母さんから「あれは慣れだから、来年になったら絶対できるようになっているから大丈夫よ!」と励まされましたが、夏の親子キャンプでは川遊びが怖くてまったく飛び込めず、水にも入れず「川はダメなのか」ということになり、今度は山も大変だったので「あの子は水も山もダメなのか」と思ったのですが、私もつい厳しく考えてしまって・・・息子をダメだと思わないようにしなくてはなりません。でも、私は考え方がつい短絡的になってしまって「じゃあ何もできないじゃないか!何もできないなんてどうすればいいの?」という結論を出してしまうんですね。これは息子だけじゃなくて、自分のこともそうですが。


フラフラの息子の後姿をずっと追いかけながら、半分イライラしている私がいたんですね。「どうしてできないの」って。他のできる子達と比べてしまっているからイライラしたのでしょう。もう一人の私は「そんなこと言わないでさ、あの小さな体で頑張ってるんだからそれを褒めようよ」と言うのです。二人の私が、息子を見ながらずっと葛藤しているうちに登山が終わりました。でも責めてはならない、それが最後の結論でした。


比べることがおろかなことだとわかりながら、私はなぜ比べるのか。


私の考え方は陰タイプです。
できないことがあると、「なぜあの人はできて私にはできないの」と比較してしまう。比較して落ち込み、比較する自分を非難する。その繰り返しでした。息子との関係などはまさにそのとおりだったと思います。
私自身の登山もこのために楽しくなくなってしまいます。


山を登りながら私もいろいろ考えました。登りだけではなくて山って下るときも大変なんですね。登山はよく人生に例えられますが、本当にそのとおりだと思います。自分が苦労して登った登山は忘れられないものになる。下りだからと思って油断すると大変なことになったりする。登り道は大変だけれど、その周囲には登れないと見れない美しい景色があったりするんです。私には私の登山道が、息子には息子の登山道があって、自分なりに登ることこそが尊い。なのにいつも私は息子の登山道をけなしてしまいます。あるいは手を出してしまうか、どちらかです。


でも今回は目の前で苦しむ息子がわかりながらも、手を出せずに声をかけて最後まで付き合いました。息子は登山の大変さを身を持って知ったことでしょう。でももしこの息子が、今後のスカウト活動の中で再び登山に挑戦してくれることがあったら・・・怖さや難しさを知った上でもう一度チャレンジしてくれたら、私はそれをちゃんと認めなければなりません。それこそ私も欲しいと日々願っている、人間としての強さなのですから。


山は遠くから見ているのと、実際登るのとでは大違いです。
遠くから見ていればきれいだな~とし思うのですが、実際山に入れば険しくて、きつくて、それこそけもの道を進むようなものですが、登った先にあるものは、キツい道を乗り越えた達成感です。
これだって、景色と同じくらいに美しいものなんですね。


さすがに疲れ果て、今日は朝から筋肉痛の嵐ですが、親子で経験した苦い思いや、それでも乗り越えた思いを交えながら、これが私と息子にとっての糧になればいいな・・・と思うことばかりでした。一緒に体験することだけでも、本当はありがたいことでもあるのですから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
駒ヶ岳
中学の時必須だった駒ヶ岳登山。前のトレーニングはきつかったけれど、あの夜見た星空は今もはっきり覚えてます。
登頂しなくても、子どもなりにきっといろいろ感じ、得るものがあったと思います。
2008/11/18(Tue)01:04:21 編集
千さんへ
思い出しました!予備登山も行きましたし、毎日砂袋を抱えてトレーニングしながら登校したことを・・・。キツイ登山の末に得られるものはやっぱり格別の思いですよね。
山が好きな人はこの思いを味わいたくて登るのかもしれません。筋肉痛を除けば、もう一度行きたいと思います!(^-^;。
雨音 2008/11/18(Tue)09:14:39 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
志我雨音(しがあまね)
性別:
女性
職業:
占い師・レイキヒーラー・主婦
趣味:
ゆっくりとひとりカフェ♪
自己紹介:
日記をただつれづれなるままに書くだけでなく、自分にも、皆さんにも何かを感じていただけるような文章を作り上げたいと思います。
最新コメント
[01/09 雨音]
[01/08 papa]
[10/28 雨音]
[09/16 sepi]
[02/07 雨音]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.